CSR

「市民に愛され市民に貢献する」とは、市民に愛され親しまれるモノづくりを通じて世界の人々の暮らしに広く貢献することです。

シチズングループの環境への取り組み

シチズングループは、2013年4月、グローバルな視点での環境活動を推進し、グループ環境経営をさらに強化するため、シチズングループ環境方針を改訂し、この方針に基づく「シチズングループ環境中期計画2018」を策定しました。
また、グループのガバナンスを強化し効率的で実効性の高い環境活動を推進するため、2014年10月にグループ全体で一つのシステムとするISO14001「グループ統一認証」体制へ移行しました。この新たなグループ環境管理体制のもと、グループ一体となって、“エコを切り口にしたブランド価値の向上”、“地球温暖化防止および循環型社会の実現への貢献”、“グローバル環境法規制への対応”などに取り組みます。2016年度からは活動を海外にも広げ、積極的に活動しています。

環境報告