CSR

「市民に愛され市民に貢献する」とは、市民に愛され親しまれるモノづくりを通じて世界の人々の暮らしに広く貢献することです。

シチズングループの環境への取り組み

シチズングループは、2013年4月~2019年3月まで「シチズングループ環境中期計画2018」に基づき、ISO14001グループ統一認証取得などグループ環境経営を強化し、積極的に環境活動を進めてきました。
2019年4月、“SDGs達成に向けたグローバルな環境経営を推進し、持続可能な市民社会の実現に貢献する”ことを目指して、新たに「シチズングループ環境中期計画2024」を策定しました。
また、より長期的な環境面の取り組みの方向性を明示した「シチズン長期環境目標2030」「シチズン環境ビジョン2050」を定めています。
脱炭素社会、資源循環社会、安心・安全で心豊かな社会の実現に向けて、これらの中長期の環境目標計画に基づき、さらに進化した環境への取り組みを進めて行きます。

環境報告