新卒採用情報

先輩社員の声

「合理化」へ挑戦

「合理化」への挑戦

2018年入社
技術職(生産技術)

専攻:工学部 動力機械工学科
趣味:フットサル、ショッピング

上昇志向がある会社でモノづくりをしたい

大学で工学系を専攻していた為、就活の際は「モノづくりに携わりたい」という考えを軸に進めていましたね。就職活動をしている中でシチズン電子の会社説明会に参加し、「LEDは世界トップクラスの性能」「スイッチは世界最小クラスの製品サイズ・スマホ市場でトップクラスのシェア」を誇るのだと、そこで知ったんです。会社説明会の中で先輩社員と対談する機会があり、その中で先輩社員が「現状に満足せずお客様のニーズにもっと応えられるような新しいものを生み出そうと日々努力している」と話されていたことが印象的でした。業界を牽引する会社にいながら、現状に甘えることなく上昇志向のある社員が多くいることを知り、切磋琢磨できる環境で働きたいと思い入社を志望するようになりました。

この職場で、この人と仕事がしたい

「合理化」へ挑戦

生産技術は、均一な精度の高い製品を生み出すための生産ラインを作り上げる重要な仕事です。私は今、製品の生産ラインに携わる人数を削減するための合理化ラインの構築を担当しており、新しい設備の導入や、新しい工法の評価をしています。実際生産に使用する設備や工法、製品に使用する蛍光体や樹脂などの材料等、様々な項目を、本当にこれで良いのか検討の上、決定しています。自ら作り上げた生産ラインによって生産された製品が世の中に売り出されることには、もちろん責任はありますが、やはりとてもやりがいを感じますね。

恵まれた労働環境

「合理化」へ挑戦

入社2年目の終わり頃、ある先輩と一緒に仕事をする機会がありました。その先輩は、年齢が近いにも関わらず判断力やリーダーシップを備えており、一緒に仕事をしていく中で「当たり前の事を徹底する」ことの難しさや大切さを教えてくれました。仕事は一筋縄にはいかない難しさがあり、時には失敗することも仕事が捌ききれないこともあります。しかし、その都度、フォローしてくれる上司や同僚がいます。この恵まれた環境があるからこそ、失敗を恐れず、果敢に仕事に挑戦することが出来ていると感じています。